カジノゲームのルール

スーパーファンタンのルールやゲームの進め方について

スーパーファンタンは古代中国のゲームであるファンタン(番攤)から派生したゲームです。

基本的にファンタンと同じようなルールでファンタンのトランプ版がる「スーパーファンタン」です。

基本的なルールは似たようなもので、ファンタンは古くは碁石やコインや白いボタンなどをお椀で掬い取り、お椀の中に入っている碁石などを「4」で割っていき、最終的に余りがいくつになるかを予想するシンプルなゲームですが、世界中へ広がるうちにトランプカードの派生した形へと変わっていきました。

ファンタンについて詳しく知りたい方はこちら▼

ファンタン(番攤)のルールやゲームの進め方についてファンタン(番攤)のルールやゲームの進め方について説明します。中国発祥のカジノゲームであり、金属製のお椀を山積みした碁石などを4で割った余りを予想するカジノゲームです。...

 

スーパーファンタンのルールやゲームの進め方について説明していきます。

スーパーファンタンの特徴

スーパーファンタンは中国発祥のファンタンをから派生したカジノゲームで、非常にシンプルなルールですのでファンタンを知らないとプレイできないというものではないですし、どちらも基本的なルールは同じですのでどちから初めてもすぐに利用できます。

簡単な違いはお椀で碁石やコインを救って4で割って数えるのが「ファンタン」で、トランプカードを用いて、6枚のカードの合計を「4」で割って、余りの数字がいくつになるかを当てるカードゲームが「スーパーファンタン」です。

※場所によっては12枚のカードを使うところもありますが合計値が変わるだけで基本ルールは同じです。

最後にいくつ残るかを予想するだけのゲームなのですが、スーパーファンタンの場合、そのほかにも「スーパーハンド」というサイコロの目で配当が増えるファンタンにはないシステムもあります。

スーパーファンタンのルール

スーパーファンタンのゲームはテーブルやオンラインカジノの画面上にチップを置くレイアウトが配置されています。

ゲームプロバイダによってデザインや表記の違いがありますが、基本的には配置は同じです。

自分が賭けたい場所に自由に制限なくチップを置けます。

6枚のカードを「4」で割る際に1つも余らない状態は「0」ではなく、「4つ余る」という扱いになるので、割り切れると予想する場合は「4」を選択してください。

つまり余りは「1・2・3・4」のどれかになります。

また、引き分けがあり、その場合は賭け金が返金されます。

ルーレットのように複数の賭け方があり、賭け方によって配当が変わります。

カードが配られる前に、テーブルの横にある12面体のサイコロが振られるのですが、「8か9が出た場合はスーパーハンド」となり、配当が4倍になるボーナスチャンスとなります。

スーパーファンタンの賭け方

テーブルもしくはオンラインカジノの部屋についたら最初に賭けたいところに自由にチップを置いてベットします。

チップを置く枚数に制限はないため、複数個所にチップを同時に置いても構いません。

ある程度チップを置き終えると「NO MORE BET(ノーモアベット)」とディーラーがコールされ、それ以降はチップを置くことは出来ません。

カードが6枚配られていき、それぞれの数字を足していき、合計を「4」で割った残りの数字が予想と当たっていたら配当が配られ、負けたら没収となります。

ファンタンのチップの置き方と配当

スーパーファンタンには様々な賭け方があり賭け方によって配当が変わります。

ファン

6枚のトランプの数字の合計を「4」で割った際の余りそのまま予想する賭け方で、当たった時の配当は3.85倍。

また、2つの数字を組み合わせる賭け方も可能で、例えば「1Fan2」で「1」か「2」が出れば勝ちとなります。

チップの置き方は指定したい数字の組み合わせの間に置きます。

数字の配当が2.90倍に下がりますが、当たりやすくなります。

奇数・偶数

LE:「1」か「3」の奇数が出れば勝ち。

CHAN:「2」か「4」の偶数が出れば勝ち。

配当はそれぞれ1.95倍。

スモール・ビック

6枚のカードの合計値が「8~41」なら、スモールで勝ち。

6枚のカードの合計値が「43~76」なら、ビックで勝ち。

配当はそれぞれ2倍。真ん中の「42」にも賭けることができ、当たれば配当は19倍です。

Nim

「Nim」と書かれている左側を「x」。

「Nim」と書かれている右側を「y」。

「x」の部分の数字が出れば勝ちで、「y」の部分の数字が出れば引き分けで、それ以外は負けです。

具体的に「4Nim3」にチップを置いた場合、「4」なら勝ちで「3」の場合は引き分けで返金。「1」「2」は負けとなります。

配当は2.90倍。

クウォック

表示されている2つの数字のどちらかが当たれば勝ちとなります。

賭け方は「1・2」「1・4」「2・3」「3・4」の4パターンです。

まとめ

スーパーファンタンはファンタンのトランプ版と言われているカジノゲームで、ファンタンから派生しました。

基本的なルールはほとんど同じで、トランプか碁石を使うかぐらいなのと、スーパーファンタンの場合、12面体のサイコロの「スーパーハンド」という通常の4倍の配当が貰えるぐらいの違いです。

どちらから始めても問題なくカジノゲームを初めてプレイする人でもすぐに始められるので、興味がある人はぜひとも一度プレイしてみましょう。