カジノゲームのルール

セブンカードスタッドポーカーのルールやゲームの進め方について

セブンスタッドポーカーは数あるポーカーゲームの中でも世界中でプレイヤーがいて、愛されている人気ポーカーゲームの1つです。

リゾートカジノ場でもプレイできるところが多いですし、オンラインカジノでもライブカジノでプレイすることが出来ます。

プレイヤー同士の勝負となり、お互いの役(ハンド)を読み合ったりする駆け引きを楽しむことが出来ます。

セブンスタッドポーカーはゲームの進行や用語や役の強さなど覚えることは多いかもしれませんが、それ以上の楽しむことが出来ます。

セブンスタッドポーカーのルールやゲームの進め方について説明します。

セブンカードスタッドポーカーの特徴

セブンスタッドポーカー名前の通り7枚のカードの中から5枚選び、役(ハンド)を作って勝負を行います。

また7枚中4枚のカードが全プレイヤー同士がオープンになっていてお互いの手が見えている状態で勝負をするのも特徴と言えます。

セブンカードスタッドポーカーは席に着いたプレイヤー同士の戦いとなり、ディーラーは進行役となり、参加はしません。

役の強さよりも、プレイヤー同士がお互いの手の内を見せず、ブラフなどのハッタリと用いたり、ポーカーフェイスで相手に表情を読み取らせない駆け引きがポイントとなります。

1回の勝負で何ラウンドかに分けて勝負を行うため、1回の勝負に時間を要するので資金面に余裕がない人でも思う存分、ゲームを楽しむことが出来ますし、プレイヤー同士の勝負で最後に勝った人の総取りとなるため、1度の勝負で大きく勝つ可能性があると言えます。

例え良い手が来たとしても相手が察してしまうと相手がすぐに勝負から降りてしまい、思うように勝ち金が増えなかったりします。

逆に弱い手でも相手に良い手が来てると思わせて勝負を下ろさせて賞金を手にすることだって可能です。

セブンカードスタッドポーカーのルール

セブンカードスタッドポーカーは各プレイヤーに配られた7枚のカードから5枚を選んでその中からプレイヤー同士で駆け引きをして最終的に残ったプレイヤー同士で一番強い役(ハンド)を揃えたプレイヤーが勝ちとなる、人気ポーカーゲームです。

カードチェンジをすることは出来ず、配られたカードでのみ勝負となります。

ディーラーは参加せず、ゲームの進行役となります。

使用するカードはジョーカーを除く52枚で「A」が1番強く、「K>Q>J>10」の順で「2」が1番弱いです。

役が揃っていない状態でもセブンカードスタッドポーカーではカードの強い順から勝負をすることも可能です。

合計7回のラウンドに分けて勝負をするか、勝負から降りるかが選択できます。

1度の勝負に時間がある程度がかかるため長く遊ぶことが出来ます。

セブンカードスタッドポーカーの用語

セブンカードスタッドポーカーではゲームをスムーズに進めるために必要最低限覚えておかなくてはいけないものがあります。

絶対に覚えておくべき用語を抑えておきましょう。

■【コール】
自分の前のプレイヤーがベットした金額と同額を出して、勝負を続ける。

■【レイズ】
自分の前のプレイヤーがベットした金額を、さらに上乗せする事。同時に金額も周りのプレイヤーに伝える。

■【フォールド】
ゲームから降りる事。

最低この3つは覚えておいた方がいいです。

セブンカードスタッドポーカーの役(ハンド)の強さ

セブンカードスタッドポーカーの役(ハンド)について紹介します。

上から順に強い役となります。

■【ロイヤルフラッシュ】
・・・同じマークの「A・K・Q・J・10」の揃った最強ハンド

■【フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)】
・・・同じ数字を4枚揃える。例:「6」「6」「6」「6」など。

■【ストレートフラッシュ】
・・・同じマークで連続した数字の5枚のカード。例:♥の「7」「8」「9」「10」「J」など。

■【フラッシュ】
・・・数字の並びは気にせずに同じマークを5枚揃える。例:♠の「A」「5」「6」「J」「K」など。

■【ストレート】
・・・連続した5枚の数字を揃える。例:「3」「4」「5」「6」「7」など。

■【フルハウス】
・・・同じ数字3枚と1つのペアの組み合わせ。例:「4」「4」「4」のペアと「7」「7」など。

■【スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)】
・・・3枚が同じ数字を揃える。例:「5」「5」「5」など。

■【ツーペア】
・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせ。例:「2」「2」と「10」「10」など。

■【ワンペア】
・・・同じ数字のペアが1つ。例:「J」「J」など。

■【ハイカード(日本ではブタ)】
・・・セブンカードスタッドポーカーの場合、役を揃えることが出来なくても数字の強い順から勝負をすることが出来ます。

ゲームの進め方

セブンカードスタッドポーカーはそれぞれラウンドごとにカードが配られ、その度に勝負をするか降りるかを選択することが出来ます。

また、ラウンドごとに賭け金が上がっていくため、ゲームの進め方について紹介します。

ラウンドと後に賭け金が上がるため、一度の勝負で多くの金額をベットすることになるため場合によっては、思いもよらない金額になるため、最初は設定金額の少ないテーブルから始めるようにしましょう。

テーブルに着いたら「アンティ(ANTE)」と書かれた「ボックス(枠線)」に、参加料を支払います。

最初に参加プレイヤーに2枚は伏せた状態、1枚はオープンにした形で合計3枚が配られます。この状態をサードストリートと言い、ここからゲームが開始となります。

ゲームの進行は以下の通りです。

■第1回目のベット:サードストリート
オープンして配られたカードの中で、一番弱い数字のカードを所有しているプレイヤーは最初に強制ベット(ブリングイン)する必要があります。

※一番弱いカードが同じ数字の場合は、マークで決めます。
強い方から、「スペード♠ → ハート♥ → ダイヤ♦ → クラブ♣」の順に弱くなります。

一番弱いカードを少輔する人は強制的にベットが進みますが、それ以降はプレイヤーごとにゲームを進めるか、ベットするか、金額を上乗せしてレイズするかを左隣から順に時計回りで選択してゲームを進めていくことになります。

全員が同じベット額になったら、次へ進みます。

 

■第2回目のベット:フォースストリート
次に1枚ずつプレイヤーにオープンでカードが配られます。

フォースストリートではオープンされている中で、一番強いカード、もしくはペアが出来ている人からベットするかどうかなどの選択を行います。

ワンペアが最も強く、次に一番強いカードの順で行動をしていきます。これ以降ゲーム進行は同じ流れで進行します。

誰も追加ベットしていなければ、チェック(追加なしでパス)が可能です。

全員がチェックで回すか(チェックアラウンド)、全員が同じベット額になったら、次へ進みます。

 

■第3・4回目のベット:フィフスストリート・シックスストリート
1枚ずつオープンで、カードが配られます。

 

■第5回目のベット;セブンストリート、又はリバー
最後の1枚は、伏せた状態でカードが配られます。

全員がチェックで回すか(チェックアラウンド)、全員が同じベット額になったら、いよいよ勝負となります。

 

■ショーダウン(決着)
最後にベット、又はレイズしたプレイヤーから、時計回りに手札を公開していき、一番強い手役(ハンド)を揃えたプレイヤーが勝ちとなり、勝った人がベットした金額を総取りすることとなります。

※共有カード
8人以上でプレイした場合、セブンストリートまで来ると、カードが足りなくなる場合があります。

カードを足りなくなった場合は、表にしたカードがテーブルに置かれ、全員が共通カード(コミュニティカード)となって役を作るになります。

最初はゲームの進行や役・用語など覚えることが多いため、混乱してしまったり、覚えきれないかもしれません。

慣れるまではオンラインカジノのテーブルゲームから初めていき、ゲームに慣れてきてからライブカジノやリゾートカジノなどでプレイするようにしましょう。

ゲームをプレイしていきつつ慣れていきましょう。

まとめ

セブンカードスタッドポーカーは昔からあるポーカーゲームで、世界的にも人気があります。

プレイヤー同士の熱くも冷静な駆け引きを楽しむことが出来ます。

7枚のカードから役を作るのですが、その内4枚がお互いのカードがオープンになっているというのも特徴であり、お互いの手の内を読みやすくなりますよね。

最初は慣れるまでどうしても覚えることが多いため大変かと思いますが、最初はゆっくりでいいのでルールや用語などを覚えていきつつライブカジノ等でもプレイしていきましょう。

オンラインカジノでも高い人気を誇るカジノゲームです。