カジノゲームのルール

ポンツーンのルールやゲームの進め方について

ポンツーンというカジノゲームは日本ではまず聞かないカジノゲームです。

ポンツーンはブラックジャックの派生版であり、ランドカジノでも地域によってはブラックジャックではなくポンツーン置いてあるところもあります。

ブラックジャックは日本でも親しまれているトランプカジノゲームであり、ポンツーンは「イギリス版ブラックジャック」「変則ブラックジャック」などとも呼ばれています。

ブラックジャックを知っているという人はスムーズにポンツーンを利用することが出来ると思います。

ブラックジャックについて知りたい方はこちら▼

ブラックジャックのルールやゲームの進め方についてブラックジャックのルールやゲームの進め方について説明します。日本で最も人気があり、ライブカジノにも多くのプレイヤーが集まるカジノゲームです。...

 

ポンツーンのルールやゲームの進め方について説明します。

ポンツーンの特徴

ポンツーンは、ディーラーとプレイヤーとの1対1の勝負を行います。

最初に手持ちのカード2枚からスタートし、合計数字が「21」に近い方が勝ちとなるカードゲームです。

基本的にはブラックジャックと似ているのですが、ブラックジャックとの大きな違いは、ディーラー側のカードは勝負するまで見えない事が挙げられます。

ブラックジャックの場合は1枚だけ表になってみることが出来ますが、ポンツーンの場合、2枚とも伏せられています。

そのため、ブラックジャックを予測するインシュランス(保険)が使えず、ブラックジャックよりも難易度が高いです。

プレイヤー側が不利な分、配当が高く調整されています。

ポンツーンのルール

ポンツーンで使えるカードはジョーカーを除く52枚で勝負を行います。

カードの数え方は「2」~「10」はそのまま、「J」「Q」「K」は「10」としてカウント。

「A」は「1」または「11」の、どちらか好きな方を自分で選ぶことが出来ます。

ブラックジャックのルールと同じですが、使用する名称が違います。

同じ意味でも言葉が違うのがいくつかあるので下記を参照してください。

ポンツーン意味ブラックジャック
Twist(ツイスト)追加でカードを引くことHit(ヒット)
Stick(スティック)カードを追加で引かず勝負するStand(スタンド)
Buy(バイ)ベット額を2倍にして勝負をするDoubledown(ダブルダウン)
Pontoon(ポンツーン)初期の2枚で「21」となることBlackJack(ブラックジャック)

 

ポンツーンとブラックジャックの名称の違いに最初は戸惑う人もいるかもしれません。

ランドカジノではついつい間違えてコールをしてしまう場合もありますが、ディーラーがある程度対応をしてくれますので間違えても大丈夫ですが、なるべくなら覚えておきたいです。

また、ポンツーンには「ファイブカードスティック」というルールがあり、手持ちの札の合計値が「21」を超えずに5枚のカードを作れた場合、勝ちとなります。

例:「A+2+5+4+6」=18で「21」を超えずに5枚揃えることに成功し、勝利となります。

ブラックジャックでは「ファイブカードチャーリー」と呼ばれていますが、意味は同じですが、配当が違います。

ブラックジャックの「ファイブカードチャーリー」は2倍で、ポンツーンの「ファイブカードスティック」は3倍に設定されています。

確率的にはかなり低いですが、ハンドの値に関係なく勝利でき、こういった勝ち方もあるとしてプレイ中の選択肢として頭に入れておきましょう。

また、プレイヤーの合計値が「14」以下の場合、「15」以上になるまで、強制的にツイスト(カード追加)されます。

ポンツーンの賭け方

ポンツーンの賭け方として、まず最初にテーブルや部屋に入って賭けたい額のチップを置きます。ベット額は場所によって最低ベット額が違いますので自分に合ったものを選びましょう。

チップを置いたらカードが2枚配られます。

まずディーラーが手札を確認し、この時点でポンツーン(21)が達成していた場合は、即座に負けが確定となります。

配られた2枚のカードの数字を確認し、カードをツイスト(追加)するか、そのままスティック(勝負)するか判断します。

カードを追加する場合「21」を超えたらバーストとなり、負けが確定となります。

カードの合計値が決まったらカードを出し、ディーラーがカードを出して、勝ったら配当が貰え、負けた場合はベットした金額は没収となります。

ポンツーンの用語

ポンツーンの用語はゲームをスムーズに進めていく際に必要なことでブラックジャックと意味は同じでも用語が違うものもあるので覚えておきましょう。

 

■BET(ベット)
・・・チップを賭ける。

■Twist(ツイスト)
・・・もう1枚カードを引く。「21」を超えない限り何度でも引ける。

■Stick(スティック)
・・・追加でカードを引かずに、今現在の合計値で勝負をする。

■SPRIT(スプリット)
・・・例えば「6」と「6」など、同じ数のカードが2枚配られた場合のみ選択できる方法で、1つ手を増やして賭けることがができます。最初に賭けた金額と同額を追加して勝負できます。

■Buy(バイ)
・・・最初に賭けたチップと同額を、追加ベットする方法で4枚以下の状態であれば、いつでも可能。バイと伝え、追加チップを置く。※ブラックジャックの場合はダブルダウンのコール後は1枚のみ

■BUST(バースト、バスト)
・・・数字の「21」を超えたことを表す。

■SURRENDER(サレンダー)・・・勝ち目がないと判断した場合の負けを宣言する。ベットの半分は没収されますが、残りの半分はプレイヤーへと戻る。

■Pontoon(ポンツーン)・・・「A」と「10・J・Q・K」のいずれかのカードの組み合わせ。ポンツーンの場合配当が3倍になります。

まとめ

ポンツーンは日本でもメジャーのカジノゲームであるブラックジャックの派生ゲームで、ブラックジャックと非常に似ているゲームです。

大きな違いとしてディーラーのカードが2枚とも伏せられているため、ディーラーのカードを予想することが出来ないという点です。

また、ブラックジャックと同じ意味合いでも名称が違うものがあります。

ディーラー側のカードを見ることが出来ないため、難易度は高くなっているので、基本的にブラックジャックのルールを知っているのであれば、ブラックジャックをプレイしたほうがいいと思います。

ランドカジノにポンツーンしかない場合などは勝負をしてみたり、気分転換でどんなものかプレイしてみたいという人はぜひとも勝負してみましょう。