カジノゲームのルール

パイゴウポーカーのルールやゲームの進め方について

パイゴウポーカーは、古くは中国の「パイゴウ」と呼ばれるドミノの形に似たような札をトランプに応用したゲームが「パイゴウポーカー」です。

基本的なルールはポーカーと同じではありますが、他にはないゲームシステムもあるので最初は戸惑うかもしれませんが、ランドカジノでも人気のトランプゲームですので、是非ともルールを覚えてライブカジノでプレイしてみて下さい。

パイゴウポーカーのルールや進め方について説明します。

パイゴウポーカーの特徴

パイゴウポーカーは、ディーラーとプレイヤーの1対1の勝負となります。

また、通常のポーカーと違うのは、7枚のカードが配られるという点と、ポーカーでも珍しい『ジョーカーも使用するポーカー』という特徴が挙げられます。

そのため、通常のポーカーで最も強い「ロイヤルストレートフラッシュ」よりもさらに上の強い手役(ハンド)として「4枚のカード+ジョーカー」を揃える【ファイブ・オブ・ア・カインド(Aのみ)】という役があります。

そしてパイゴウポーカーは1度の勝負にハイハンドとローハンドでそれぞれ役を作る必要があります。

他のポーカーにはない特殊なゲームで最初は複雑に感じるかもしれませんが、非常に面白いポーカーです。

パイゴウポーカーのルール

パイゴウポーカーはプレイヤー、ディーラーともに7枚のカードが配られます。

7枚のカードを使い、2つの手に分けて勝負を、どちらも勝たないと勝利にはなりません。

5枚のカードをハイハンド(ファーストハイハンド)・残りの2枚のカードをローハンド(セカンドハイハンド)と言い、下記の様にそれぞれ勝負をします。テーブルによって表示に多少の違いはありますが、基本的には同じです。

ハイハンドでは通常のポーカーの手役(ハンド)を揃えて強いほうが勝ちます。

ローハンドにおいて最も強い役がワンペアであり、それ以外ではカードの合計の値の強さによって優劣が決まります。

ローハンドの場合、例え「A」と「K」を揃えていても「2・2」のワンペアのほうが強いということになります。

Aが一番強く、KQJの順に弱くなっていき、2が一番弱いです。

また、基本的にハイハンドでは役を揃えておく必要がありローハンドはハイハンドよりも強くしてはいけないというルールがあります。

ハイハンドで「ハイカード」でローハンドで「ワンペア」というのは無効になります。

ハイハンド・ローハンドの両方で相手に勝利をして初めて配当を得ることになります。

パイゴウポーカーの配当として

勝ち⇒両方のハンドで、ディーラーを上回れれば、配当1.95倍が支払われる。
引き分け⇒片方だけ勝って片方が負ければ、賭け金は返金(プッシュ)される。

パイゴウカードでは引き分けの場合、賭け金が返金されるというのがポイントで、勝負が難しいと思ったら引き分け狙いにすることも計算できます。

パイゴウポーカーの賭け方

最初にチップを置いて、ディールボタンをクリックすると、7枚のカードがディーラーから配られます。

7枚のカードで手役を作りますが、この時にディーラーのカードは見ることが出来ません。

まずは、ハイハンドとなる5枚を選びます。

基本的にハイハンドでは必ず役を揃えておく必要があり、ローハンドはハイハンドよりも強くしてはいけないという前提のルールがあります。

ハイハンドとローハンドにそれぞれ役を分けたらディーラーとの勝負になります。

勝てば貰えて、引き分けの場合は返金、負ければチップは没収となります。

パイゴウポーカーの役(ハンド)

パイゴウポーカーの手札の役について説明します。

パイゴウポーカーはジョーカーを用いた手役もあります。

■【ファイブ・オブ・ア・カインド(Aのみ)】
・・・「A」のカードを4枚とジョーカーを加えた最強のハンド。

■【ロイヤルフラッシュ】
・・・同じマークの「A・K・Q・J・10」の揃った最強ハンド

■【フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)】
・・・同じ数字を4枚揃える。例:「6」「6」「6」「6」など。

■【ストレートフラッシュ】
・・・同じマークで連続した数字の5枚のカード。例:♣の「2」「3」「4」「5」「6」など。

■【フラッシュ】
・・・同じマークを5枚揃える。例:♥の「1」「4」「5」「10」「Q」など。

■【ストレート】
・・・連続した5枚の数字を揃える。例:「2」「3」「4」「5」「6」など。

■【フルハウス】
・・・同じ数字3枚と1つのペアの組み合わせ。例:「9」「9」「9」のペアと「K」「K」など。

■【スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)】
・・・3枚が同じ数字を揃える。例:「3」「3」「3」など。

■【ツーペア】
・・・同じ数字のペアが2つある組み合わせ。例:「2」「2」と「J」「J」など。

■【ワンペア】
・・・同じ数字のペアが1つ。例:「8」「8」など。

■【ハイカード】
・・・何も役を揃えられていない状態。

ジョーカーの扱い方

パイゴウポーカーはルール上ジョーカーを使うことが出来ます。

ジョーカーはどんな数字としても扱えるオールマイティカードになります。

そのためジョーカーが来たら最低でもワンペアが確定で、フラッシュやストレートの数字の代用として利用できるのです。

例えば「2・3・4・5」と数字が揃っている場合、ジョーカーがあればジョーカーを「A」として扱いストレートとして役を揃えることが出来まし、フラッシュの場合でも4つまで、同じ柄揃っていていて、ジョーカーを持っていたらフラッシュ確定となります。

ジョーカーを引いたら勝つ可能性が一気に高くなります。

まとめ

パイゴウポーカーは日本では全くと言っていいほど知られていない中国をはじめとしたアジア圏で人気のポーカーです。

他のポーカーと違い二つの役を用意してそれぞれに勝利をしなければいけないという、他にはないゲームシステムになっています。

どちらか一方では完全な勝利とはならないというのが駆け引きになってきます。

最初は慣れないルールに戸惑うと思いますが、アジア圏で非常に人気のあるポーカーゲームで、ランドカジノにも置いてあるところは多いです。

是非ともプレイしてみましょう。