カジノゲームのルール

オアシスポーカーのルールやゲームの進め方について

オアシスポーカーというゲーム名を初めて聞くという人も多いかもしれません。

しかし、日本で主流となっているポーカーに一番近いルールと言えるでしょう。

海外のランドカジノでもプレイできますし、オンラインカジノでもライブカジノでプレイすることが出来ます。

特徴やルールを知ればすぐに始められる人も多いと思います。

オアシスポーカーのルールや進め方について説明します。

オアシスポーカーの特徴

オアシスポーカーは日本で広く普及しているポーカーとルールと似ています。

世界中で広まっているポーカーと言えば、テキサスホールデムポーカーですが、日本ではオアシスポーカーのほうが近いと言えるかもしれません。

ただし、オアシスポーカーには日本のポーカーとは大きな違う点としてカードを引く枚数によってコストが発生するという大きな特徴があります。

そしてカードを引いた分のコストは勝っても負けても没収されてしまうため、負けた時は一気に負けてしまう可能性もあるので、ドローをするということもしっかりと考えて戦略を行う必要があります。

オアシスポーカーのルール

オアシスポーカーはジョーカーを除く52枚のカードを用いてプレイし、プレイヤー(自分)とディーラー(親)1対1の勝負を行います。

配られた5枚とカードチェンジは1回のみ可能で、手役が高い方が勝ちとなります。

しかし、カードを引く際にコストが発生し、交換する枚数によってまコストが変わります。

カードのドロー(交換)にかかるコストは以下のとおりです。

  • 1枚交換:アンティと同額
  • 2枚交換:アンティの2倍
  • 3枚交換:アンティの3倍
  • 4枚交換:アンティの2倍
  • 5枚交換:アンティと同額

また、オアシスポーカーではフォールド(降参)という選択肢が用意されていて、ドローするコストをかけるよりもその場は流すという戦略も可能です。

交換するコストを考えて行う勝負をする必要があります。

揃えた役によって支払われる配当が変わります。

オアシスポーカーの場合役が揃わないハイカードでも手札に「A」「K」があればディーラーは勝負をします。

逆に揃っていない場合は必ず勝負から降ります。

オアシスポーカーの役と配当

オアシスポーカーでは揃えた役に応じて配当を貰うことが出来ます。

勝負をして、勝った場合は、アンティの2倍が払い戻され、コールして置いたチップ分はそのまま戻ってきます。

勝負して勝った場合は、アンティの2倍と、コール×手役の倍数分が支払われます。

例、アンティ2$なら、4$。コール4$で、ツーペア(2倍)なら8$。合計12$受け取り。

※引き分けの場合はプッシュと呼び、全額払い戻されます。

オアシスポーカーの手役と配当は以下のとおりです。

■ハイカード・・・配当2倍。
ノーペアだった場合に、強いカードから順番に比較して、高い方が勝ち。
※ただし、ディーラーにはAとKが必ずあるので、これが無ければ話しになりません

■ワンペア・・・配当2倍。
同じ数字2枚揃える。例:「3・3」などのワンペア

■ツーペア・・・配当3倍。
ワンペア同士を2組揃える。例:「2・2」と「Q・Q」などのツーペア

■スリー・オブ・ア・カインド・・・配当4倍。
同じ数字3枚揃える。例:「5・5・5」など。
※日本固有の略称はスリーカード、海外では通じないので注意が必要。

■ストレート・・・配当5倍。
連続した5つの数字を揃える。例:「5・6・7・8・9」など。

※ただし、連続とは認められない並びもあります。「K・A・2」では繋がりません。
「10・J・Q・K・A」「A・2・3・4・5」は有効ですが、「Q・K・A・2・3」や「K・A・2・3・4」等は無効となるので注意が必要です。

■フラッシュ・・・配当6倍。
同じマークを5枚、数字は問いません。

■フルハウス・・・配当8倍。
ワンペアと、スリーカードをそれぞれ揃える。例:「2・2」と「J・J・J」など。

■フォー・オブ・ア・カインド・・・配当21倍。
同じ数字を4枚揃える。例:「A・A・A・A」など。

■ストレートフラッシュ・・・配当51倍。
同じマークのストレートを揃える。例:♥「7・8・9・10・J」など。

■ロイヤルストレートフラッシュ・・・配当101倍。
同じ絵柄で「10・J・Q・K・A」揃える。例:♣「10・J・Q・K・A」など。

手役は上から順に揃えやすく、下に行けば行くほど揃えるのが難しい手役となるため、そのぶん配当が高くなります。

ちなみに、参考までにロイヤルストレートフラッシュを最初の配られたカードで揃えられる確率は、約0.000154%というかなり低い確率です。

オアシスポーカーの賭け方

まず最初に席に着いたらベッド額を決めてアンティ(最初のベット)と書かれた枠線にチップを置きます。

オアシスポーカーの場合、ドローする枚数に応じてコストが発生するため、ドローコストも踏まえてミニマムベット額を計算してテーブルを選ぶことも踏まえて最初は最低金額からスタートさせるのをおすすめします。

慣れてきたら自由に設定しましょう。

アンティにチップを置いたらディーラーからカードが5枚配られ、ディーラーは1枚だけ表向きに置かれた状態でスタートとなります。

役を揃えて勝負をします。

ディーラーは最低でも役を揃えていなくても「A」と「K」が手札にあれば、必ず勝負をし、手札がなければ勝負を降ります。

手札を公開し、勝利をすれば、役の強さに応じた配当が貰え、負ければ没収となります。

まとめ

オアシスポーカーはルールは日本のポーカーと基本的に似ているので、すんなりと始めやすいかもしれません。

しかし、大きな違いとしてカードを交換する際にコストが発生するという点です。

そのため、交換をしたのにも関わらず、役を揃えられず負けてしまった分は一気に負けてしまうという可能性があります。

もちろん難しい役を揃えたら配当なども大きいので一長一短あります。

最初は配当計算や交換する際のコストなど慣れていないと大変ですので、まずは各オンラインカジノで設定されているテーブルのミニマムベットからスタートしていき、慣れてきたら自分に合ったベット額で勝負をしていきましょう。

日本で主流となっているポーカーと似ているのでプレイヤーも始めやすいと言えます。