カジノゲームのルール

KENO(キノ)のルールやゲームの進め方について

KENO(キノ)は日本では聞いたことがないカジノゲームかもしれません。

しかし、KENOの特徴やルールを知ればすぐに始めることが出来るぐらいシンプルなゲームです。

KENO自体の名前は日本では名称が違うだけで日本にあるものと非常に似ています。

KENO(キノ)のルールやゲームの進め方について説明していきます。

KENO(キノ)の特徴

KENOというゲームは「複数ある数字の中から特定の数字をいくつか選択した後にゲームがスタートし、抽選で選ばれた数字が当たれば配当が貰える」というゲームです。

これでピンと来る人もいると思いますが、KENOは日本の「宝くじ」や「LOTO」とほとんど同じゲームです。

特に「LOTO」とは全く同じゲームルールであり、名前が違うだけですよね。

LOTOとKENOの特徴の違いとしてすぐに次のゲームへと進むことが出来ます。

LOTOの場合、一度券を購入したりすると結果発表まで時間がかかりますよね。

しかし、KENOの場合は次のゲームへとすぐに進むことが出来るためタイムラグが生じないため、すぐに結果が分かるのがいいですよね。

また、日本とはけた違いのジャックポット機能によって値段がどんどん上がっていくため、一夜にして比べ物にならない金額を手にする可能性もあるわけです。

もちろん、当選確率は天文学的確率と言えますが、夢を買うのであればチャレンジしてみる価値はあります。

KENO(キノ)のルール

KENOは基本的にLOTOと同じルールで、好きな数を選んで選択します。

配当によっては宝くじと同様に高額な賞金を狙うことが出来ますが、好きな数字を好きなように当てはめていき、当たった分だけ配当が増えます。

日本の「LOTO」とは違って配当の金額設定を自由に設定することができるため、コンスタントに賞金をかけて狙うのも良いですし、高額の配当を狙ってベット額を一気に上げて勝負するなどプレイヤーの好きなようにベットすることが出来ます。

ベットをしたらKENOはすぐに結果が分かるため、外れても当たってもすぐに次のゲームへと進むことが出来ます。

KENO(キノ)の賭け方

KENOのゲームの進め方について説明します。

まず最初に1回のゲームに対してベットする金額を決めます。

宝くじなどは1枚あたりの金額が定められていますが、KENOでは1回のゲームに対してベットする金額を自由に設定することが出来るので無理しない程度にベット額を決めましょう。

ベット額を下げようと思えば1ドルに満たない金額から始めることも可能です。

しかし、ベット額が低ければ当然リターンも低くなるのでそこは自分で判断しましょう。

次に番号を予想します。

1回あたりのベット金額を決めたら、数列(KENOでは殆どが1~80の範囲内)からプレイヤーがこの数字が当たると思う数字を選択します。

予想する番号の数は大体10個前後の数字を選びましょう。

多くの数字を選択すればするほど当たる確率は上がる訳ですが、数字を増やせば増やすほど、一定数以上の当たりがないと配当が貰えないような仕組みとなっています。

逆に確実に配当が低くても確実に欲しければ少ない数字を設定するか、多く数字を選んでハイリターンを求めるかなども選択はプレイヤー次第となります。

最後に当たり番号の抽選の結果が発表されます。

プレイヤーが数字の選択し終えた後に当選番号の抽選が行われます。

プレイヤーの数字当たっていれば配当が貰え逆に貰えなかったら貰えません。

 

まとめ

KENOは日本ではまず聞きなれないカジノゲームではありますが、仕組みはLOTOとほとんど同じです。

違いはすぐに結果が分かるという点と、ベットする金額を自分で決められて、当たりが増えれば増えるほど配当が沢山貰えるという点です。

どのKENOを利用しようとも基本的なルールは同じですので、どの機種でもプレイすることが出来ます。

是非ともカジノゲームで遊ぶ疲れてちょっと一息つきたいという時などでもプレイしてみてもいいかもしれません。