カジノゲームのルール

ドリームキャッチャーのルールやゲームの進め方について

ドリームキャッチャー(dream catcher)とはあまり名前を聞いたことが無いかもしれません。

ドリームキャッチャーという名前だけでなく、「マネーホイール」「ホイールオブフォーチュン」などと呼ばれており、「マネーホイール」の方が有名かもしれません。

名前自体は知らなくてゲームを見ればどんなゲームかを理解する人もいるでしょう。

ドリームキャッチャーのゲームの仕組みとしては大きな円形の数字や色が区画され均等に分けられて配置されています。

大きな円形のパネルを回転させて頂点の矢印にどの区画の数字、もしくは色に止まるかを予想するシンプルなゲームです。

ドリームキャッチャーのルールやゲームの進め方について紹介します。

ドリームキャッチャーの特徴

ドリームキャッチャーの円盤(ホイール)は一般的に54の区画(もしくは52)に分けれています。

区画にはそれぞれ「1」「2」「5」「10」「20」「40」の数字が記されており、その数字がそのまま配当となって返ってきます。

「1」に止まって当たれば、ベット金額に「1」に追加された金額、2倍の配当を得ることができるという仕組みです。

「2」の場合はベット金額に「2」追加された3倍の数字で配当を得ることが出来ます。

「10」の場合はベット金額に「10」追加された11倍の数字で配当を受け取れます。

もちろん数字が小さい方が多く配置されていて数字が多ければ多いほど配当は少ないです。

また、円盤が6色に均等に色分けされており、どの色に賭けても配当は同じ5倍となります。

赤色に止まると思ったら赤色にベットして当たれば配当が5倍となって返ってきます。無職の箇所はディーラーの勝ちとなります。

いつでも自由に参加することが出来て、特別なテクニックは何もなくディーラーがパネルを回して止まるところを予想するだけの運任せで単純なプレイです。

基本的にどの区画に当たるのかを当てるだけですので難しいルールが必要がなく誰もがすぐに始められるお手軽なカジノゲームと言えます。

ドリームキャッチャーのルール

ドリームキャッチャーは特別なルールはありません。

ディーラーが円盤を回して頂点の矢印に示された区画の数字、もしくは色が当たっていたらそれに該当する配当を受け取ることが出来ます。

1か所だけでなく、複数の区画(数字や色)にベットしても大丈夫です。

色と数字それぞれに賭けることも可能ですし、色を2種類賭けても問題ありません。

数字を予想するだけのゲームということで誰もがすぐに始めることが出来ます。

ドリームキャッチャーの賭け方

ゲームの進め方としてはまず最初に席に着いたらどの区画(色・数字)に当てるのかをプレイヤーがチップを置いて予想します。

ある程度チップを置いたらディーラーが大きなパネルを回し始めます。

徐々に回転が収まっていき、止まった時に頂上の矢印が示す色、もしくは数字に当たっていれば配当が貰えて、負ければ置いたチップは没収となります。

ゲームも1度だけでなく、次々と連続して始まっていくので一回様子見をしてからプレイするのもいいですよね。

まとめ

ドリームキャッチャーはシンプルなゲームであり、様々な名称で呼ばれています。

マネーホイールでも有名ですが、名前は知らなくても日本では昔からバラエティー番組でも有名なので見たことがあるという人も多いでしょう。

オンラインカジノのライブカジノでは司会者がいて、進行してくれます。

豪華なセットが目を見張るので見ているだけでも楽しいと思います。

円盤が止まった数字・色を予想するだけのシンプルなゲームですので是非とも遊んでみましょう。