カジノゲームのルール

ドラゴンタイガーのルールやゲームの進め方について

オンラインカジノのライブカジノでも勝負することが増えてきた「ドラゴンタイガー」はカンボジア発祥のゲームで、アジア圏で人気のあるカードゲームです。

日本ではほとんど知られていないため、どんなゲームかわからないという人のためにドラゴンタイガーのルールやゲームの進め方について紹介していきます。

シンプルで簡単なゲームですのでぜひともオンラインカジノのライブゲームで遊んでみましょう。

ドラゴンタイガーの特徴

ドラゴンタイガーとは、仮想の二人ドラゴン(龍)とタイガー(虎)のどちらが勝つかを予想して当てるゲームです。

バカラのように2枚、3枚とカードを引かずに1枚でどちらが強いかを予想するだけですので、最も簡単なカジノゲームとも言われています。

ドラゴンタイガーのルール

ドラゴンタイガーではジョーカーを除くトランプのカード8組(52枚×8=416枚)を使って行われるギャンブルです。

山から2枚のカードが引かれ、ドラゴン(龍)側に1枚、タイガー(虎)に1枚ずつ配られます。

どちらの数字が大きいかを当てるというだけのシンプルなゲームです。

特にディーラーやほかのプレイヤーと戦うということもせず、カードを追加で引くか引かないかなどもありません。

1枚限りの1発勝負で、龍と虎のどちらか、もしくはタイ(引き分け)にベットをするというのが基本のルールです。

基本的にドラゴン(龍)とタイガー(虎)のどちらが勝つ、もしくは引き分けになるかを予想するゲームですが、他にも賭け方があります。

ドラゴンタイガー・ルール ビック・スモール

ドラゴンタイガーのカードの数字の数え方は

【K】が最も強く【A】が一番弱いです。
※【A】が一番強いと勘違いしないように注意が必要です。

「1、2、3、4、5、6」をスモール。

「8、9、10、J、Q、K」をビック。

として分けられ、ドラゴンとタイガーのどちらが、スモールかビックになるかを当てます。

配当は2倍。

引き分けに賭けた場合は配当は9倍。

ドラゴンタイガー・ルール スーツ(マーク)

カードのマーク(♣♠♦♥)を当てる賭け方。

配当は4倍です。

 

基本はどちらが当たるのかを予想するのかだけのシンプルなゲームです。

1枚だけのシンプルゲームであり、運任せのゲームとも言えます。

ゲームの進め方

最初にどちらが当てるかを予想してチップを置きます。

他にはスモールで勝つか、それともビッグで勝つかを予想する賭け方やマーク(♣♠♦♥)を当てるものもあります。

ノーモアベットとディーラーが宣告したら、それ以上チップを置くことはできません。

ディーラーがカードをオープンして賭けが合っていた場合は配当が貰え、間違えていたら没収となります。

まとめ

ドラゴンタイガーはドラゴン(龍)とタイガー(虎)のどちらが当てるかを予想するもので、それだけルールを覚えておけば今すぐにでも始めることが出来ます。

カンボジア発祥で、マカオなどのアジア圏でも人気のカジノゲームです。

日本ではほとんど知られていないカジノゲームではありますが、簡単ですのでオンラインカジノのライブゲームで遊んでみましょう。