カジノゲームのルール

カジノウォーのルールやゲームの進め方について

カジノウォーは今現在、沢山の種類があるカジノゲームの中でも1990年代後半にアメリカで誕生した新しい部類のカジノゲームです。

特に日本では未だにカジノ施設が存在しないため、ほとんど知られていませんよね。

カジノウォー自体の知名度はオンラインカジノでも導入されるようになったため、徐々に知られるようになってきています。

ここではカジノウォーのルールやゲームの進め方について説明していきます。

カジノウォーの特徴

カジノウォーは「ディーラーとプレイヤーそれぞれに配られるカードの数字の大きさで勝負をする」ゲームです。

配られるカードの種類も1枚のみですので、スピードでシンプル。分かりやすいゲームとなっています。

今までカジノで遊んだことがない人もすぐに始められるゲームなのが特徴です。

ほとんど運に左右されるゲームですからカジノをよく遊ぶ人も初めてカジノを遊ぶ人も同等に勝負をすることが出来ます。

カジノウォーのルール

カジノウォーはブラックジャックとは違い、カードの数値をそのまま扱います。

ブラックジャックの場合、「J・Q・Kは全て10」として扱いますが、カジノウォーはそのままの数字で扱います。

また、テキサスホールデムポーカーのように役を覚える必要もありません。

純粋にカジノウォーでは数字が強い方が勝ち、「A」が最強の数字で「K>Q>J>10」の順で「2」が最弱となります。

どうしても「カジノウォー」という名前から戦略的なゲームをイメージしてしまうかもしれませんが、実にシンプルで分かりやすいゲームとも言えます。

勝負をしてディーラーとプレイヤーの数字が同じだった場合は、下記の選択が出来ます。

  1. サレンダー(勝負を降りる)・・・賭け金は没収
  2. ウォー(勝負する)・・・賭け金と同額を追加で賭け、再度勝負する。

基本的に、①の「勝負を降りて賭け金が没収」を選ぶ人はまずいません。

負けと同じになってしまいますので基本的には②の「賭け金を追加して勝負を選ぶ」を選択すると思います。

追加して賭けたお金分がもらえ、最初に賭けたお金は引き分けとなります。

負けた場合は賭け金が没収されます。

スピーディに決着するため、どんどん賭けて連続して勝利をした場合は数分で高額勝利を手にするチャンスもあります。

カジノウォーの賭け方

カジノウォーのゲームの進め方を説明します。

最初にプレイヤーはテーブル上の「ベットポスト(アンティ)」かもしくは引き分けを想定して「TIE(引き分け)」というスポットにチップを置きます。

※引き分けになる可能性はかなり低いですが、配当は賭け金と合わせて11倍になります。

「ベットポスト(アンティ)」にチップを置きながら同時に「TIE(引き分け)」に賭けることも可能です。

ベット額は各テーブル、部屋に応じて最低ベッド額が決まっているので自分に合った金額設定を選びましょう。

最初にディーラー、プレイヤーに各1枚のカードが配られます。この時ディーラーはプレイヤーにカードを1枚ずつ仰向けにした状態で配られます。

最後にディーラーにカードを1枚伏せた状態で渡ったら、ディーラーは自分のカードをめくり自らの手を披露します。

カジノウォーは数字の強い方が勝ちです。

「A」が最強で、「K>Q>J>10」の順で弱くなっていき、「2」が一番弱い数字です。

カードが配られてお互いにカードをめくり、勝てば賭けた金額と同額がもらえ、負けたら賭け金が没収されます。

1枚でのみの勝負で決着するので非常にスピーディです。

まとめ

カジノウォーは日本で全くと言っていいほど馴染みがないカジノゲームではありますが、1枚の数字でのみでどちらの数字が高いかを勝負をするというシンプルなゲームです。

カジノウォーを周りに説明をする際も「カードの数字が大きい方が勝つ」というだけ伝えればいいだけですから分かりやすくすぐに始めることが出来ますよね。

やったことがない、聞いたことがないということでしり込みしてしまう人もいるかもしれませんが、ぜひ始めてみましょう。

オンラインカジノでもプレイできるようになっています。