カジノゲームのルール

ブラックジャックのルールやゲームの進め方について

ブラックジャックは日本で高い人気を誇ります。

カジノゲームの中でも日本人から最も人気が高いといってもいいでしょう。

一度はトランプゲームとして友達や家族と遊んだことがあるという人も多いです。

シンプルなルールですぐにでも始められるゲームですが、ブラックジャックで勝てるようになればすべてのカジノゲームで勝てると言われているほど奥が深いゲームでもあります。

ブラックジャックのルールやゲームの進め方について説明します。

ブラックジャックの特徴

ブラックジャックはディーラーと戦うカジノゲームです。

「21」を超えないようにしつつ、カードの合計値を「21」に近づけるゲームです。

これさえ覚えておけば基本的にゲームをプレイすることが出来るということもあり、シンプルで分かりやすいとあって、高い人気を誇ります。

ゲームセンターのメダルコーナーにも必ずゲームとして置かれていたりと馴染みが深いですよね。

オンラインカジノのライブゲームでも週末ともなれば満席になっていることもあります。

ブラックジャックのルール

ブラックジャックのルールは最初に2枚の手札をディーラーから配られてスタートします。

カードの合計の数字が「21」を超えないようにして近づける勝負となります。

ブラックジャックのカードの数え方は「2」から「10」に関してはそのままの数え方をしていき、「J」「Q」「K」の絵柄カードはすべて「10」となります。

「A」に関しては「1」「11」のどちらか好きなほうを自分で選ぶことが出来ます。

ジョーカーは使用せずに52枚のカードで戦います。

ブラックジャックの用語

ブラックジャックの用語はゲームをスムーズに進めていくうえで必要なこともあるので覚えておきましょう。

■BET(ベット)・・・チップを賭ける。

■HIT(ヒット)・・・もう1枚カードを引く。「21」を超えない限り何度でも引ける。

■STAND(スタンド)・・・追加でカードを引かずに、今現在の合計値で勝負をする。

■SPRIT(スプリット)・・・同じ数のカードが2枚配られた場合のみ選択できる方法。1つ手を増やして賭けることがができる。例えば「7」と「7」が配られ時など。最初に賭けた金額と同額を追加して勝負することが出来る。

■DOUBLE DOWN(ダブルダウン)・・・次に引くカードで勝ちを確信したときに元々の掛け金を倍にしてカードを引くことが出来る。追加できるカードは1枚のみ。

■BUST(バースト、バスト)・・・数字の「21」を超えたことを表す。

■INSURANCE(インシュランス)・・・ディーラーのアップ(表向き)カードが『A』の場合、【A+10(または絵札)】の組み合わせになる。ブラックジャックになる確率は約「1/4」。そのため、インシュランスはベット金額の半額を追加でベットし、ディーラーがブラックジャックだった場合にはベットした額の2倍の配当が貰える。

■PUSH(プッシュ)・・・同じ数字で引き分け。

■SURRENDER(サレンダー)・・・勝ち目がないと判断した場合の負けを宣言する。ベットの半分は没収されますが、残りの半分はプレイヤーへと戻る。

■BLACK JACK(ブラックジャック)・・・「A」+「10・J・Q・K」のいずれかのカードの組み合わせのこと。プレイヤーがブラックジャックの場合はベットが2.5倍になり、ディーラーがブラックジャックの場合は全額没収される。

ゲームの進め方

最初にチップを賭けます。

各テーブル・部屋ごとに最低ベット額と最大額が決まっています。

ディーラーからプレイヤーへ最初に2枚配られ、ディーラーは2枚のうち1枚が表向きになった状態からスタート。

ディーラーの表向きの1枚から数字を予想しつつ、自分の手を「21」に近づけます。

ディーラーは「17」を超えるまでカードを引かなくてはいけないというルールがあるのも頭に入れておきましょう。

例えばディーラーが「15」と予想して、自分の手が「16」の場合、ディーラーはもう1枚引かなくてはいけません。

その場合、「21」を超えたバースト狙いで自分の手は「16」のまま勝負をすることも選択としてあります。

カードの合計値が決まったらディーラーとの勝負。

どちらが「21」に近づけられるを勝負し、勝てばお金が貰えて、負ければ賭けた分はすべて没収されます。

まとめ

ブラックジャックは日本でも非常に人気が高いカジノゲームであり、友達とトランプで勝負をしたり、ゲームセンターのメダルコーナーでプレイしたことがある人も多いです。

SPRIT(スプリット)やINSURANCE(インシュランス)やDOUBLE DOWN(ダブルダウン)などは珍しいものではありますが、基本的に滅多に使うものでもありません。

「21」を超えないようにカードの合計値を「21」に近づけるということさえして覚えておけばすぐにプレイすることが出来ます。

日本で大人気のブラックジャックをぜひ、オンラインカジノのライブカジノで遊んでみましょう。