オンラインカジノ入門

オンラインカジノにかかる税金の計算から申告方法まで

オンラインカジノには税金がかかります。

これも多くの人がグーグルなどで検索されているワードですので紹介していきます。

何でオンラインカジノだけが他のギャンブルと違って税金がかかるの?

税金の計算方法や確定申告の時期や必要な書類、注意点なども紹介していきます。

税金って聞くと面倒で嫌かもしれませんが、オンラインカジノは税金がかかるので理解して申告をしないと罰として多く支払うことになりますので必ず確認しましょう。

なぜオンラインカジノには税金がかかるのか?

そもそも他のギャンブルでは税金がかからないのになぜオンラインカジノには税金がかかるの?って思うかもしれませんが、国内の公営ギャンブルである競馬や競輪・競艇などにも税金が発生します。

さらにパチンコやスロットなどの三点方式で景品交換所で現金に変えてもらうものも税金がかかります。

でもギャンブルをしている人で税金を払っている人なんて聞いた事が無いし、税金がかかること自体知らないと言う人のほうが多いです。

日本のギャンブルは全てその場で現金で手渡されますよね。

つまり記録に残らないわけです。記録に残らないため税務署もお金の流れを把握しづらく実質的に見逃されているのです。

ではオンラインカジノの場合はどうなのかというとオンラインカジノをプレイするとなると海外に現金を送らなければならずこのときに銀行やクレジットカードを通じて送金をするとなると記録に残ります。

またお金をオンラインカジノから引き出す時にも銀行などにお金振り込むので記録に残るので税務署もしっかりとお金の流れが把握できるため税金がかかるのです。

ギャンブルは全て一時所得と呼ばれる税金に区分されるのですが記録が残らないギャンブルは見逃されていますがオンラインカジノは記録が残るので税金を支払う必要があるのです。

税金の区分と計算方法について

オンラインカジノには税金がかかりますので税金の区分と計算方法について説明します。

一時所得とは

オンラインカジノを含めて競売・競艇・競輪・パチンコ・スロットのギャンブルのほかにも宝くじやスポーツ振興くじ(toto)や商店街のくじ引きの賞金もこの一時所得に含まれます。

宝くじの場合は税金が引かれた上で銀行に振り込まれています。

また商店街の賞金も現金で渡されているため見逃されているのです。

一時所得で気をつけなければいけないのが税金の計上方法です。

税金はその年の1月~12月までのトータルの収支で計算すると考えている人が多いですが、一時所得の場合は違います。

利益が上がった時のみ計算をし、損失は計上されません。

簡単に言うと利益が上がるたびに税金が発生するのです。分かりやすく表にしています。

総ベット金額払い戻し金額損益
1月20万円25万円+5万円
2月5万円0万円-5万円
3月20万円30万円+10万円
4月10万円30万円+20万円
5月20万円20万円0万円
6月20万円25万円+5万円
7月40万円5万円-35万円
8月35万円20万円-15万円
9月30万円80万円+50万円
10月50万円75万円+25万円
11月30万円15万円-15万円
12月60万円100万円+40万円
合計340万円425万円+85万円

一年間の収益をまとめた場合、最終的な収益が「+85万円」です。

これを計算して納税すると思う人が多いですが、違います。

先ほど言ったように損失は計上することが出来ませんので下記の計算になります。▼

総ベット金額払い戻し金額損益
1月20万円25万円+5万円
3月20万円30万円+10万円
4月10万円30万円+20万円
6月20万円25万円+5万円
9月30万円80万円+50万円
10月50万円75万円+25万円
12月60万円100万円+40万円
合計210万円365万円+155万円

2月と5月と7月と8月と11月が損失が出たので計上されませんので最終的に「+155万円」の計算になります。

「+85万円」のトータル収支のはずが一時所得の計算方法の場合だと「+155万円」の計上になるので気をつけなければいけません。

次に極端な例を出したいと思います。下の表をご覧下さい。▼

総ベット金額払い戻し金額損益
1月10万円110万円+100万円
2月110万円0万円-110万円
合計120万円110万円-10万円

1年間の収支の報告で言うと「-10万円」です。

しかし、一時所得は損失分は計上することが出来ないため、計算上は下記になります。▼

総ベット金額払い戻し金額損益
1月10万円110万円+100万円
合計10万円110万円+100万円

一時所得の計算では損失は含まれないため「+100万円」として計上されてしまうのです。

これは極端な例ではありますが、一時所得が損失が含まれないということは最悪の場合こういったケースも考えられるということは頭に入れておきましょう。

とにかくオンラインカジノでは毎月の収支を必ずつけるということがとても大切です。

一時所得の計算方法

とはいえ収支で得た金額全てを納税しろと言うわけではないので計算方法を紹介します。

【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最大50万円)】

一時所得の計算方法に先ほどの100万円を当て込んで計算してみましょう。

【50万円】=【100万円】-【0円】-【特別控除額 (最大50万円)】

オンラインカジでは支出金額はないと考えるので特別控除(最大50万円)を引いた金額が適用されます。

50万円が一時所得の対象となります。

これに所得金額の1/2に相当する金額を他の所得の金額と合計し、総所得金額を割り出した後に、納める税額を計算します。

簡単に社会人と働いている金額を分かりやすく「300万円」とします。

(300万円+50万円) / 2 = 175万円

が課税対象です。

さらにそこから所得税の割合を出します。

『国税庁 No.1490 一時所得』
所得税の速算表

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

引用URL:www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

該当する税率が195万円以下のため、税率が5%です。

最終的に8万7500円が税の対象となります。

最終的な計算方法をまとめると

(給与所得+一時所得/2)×税率-控除額=所得税

覚えておきましょうと言いたいところですが、これは覚え切れません。

そのため一人で抱え込まず登録しているオンラインカジノの運営側に相談してみましょう。

オンラインカジノ側としては毎年のことなので慣れていますから分からないことを分からないままにしておくのではなくて相談をしましょう。

次に確定申告について説明します。

確定申告をする

一時所得を計算が出来たら次に税務署に行き確定申告を行う必要があるので説明します。

確定申告の期間

まず確定申告の期間は翌年の2月16日~3月15日の1ヶ月間で行わなければなりません。

この期間の税務署は1年で最も忙しい時期ですので行列が出来ています。

特に最初と最後の3日間は長蛇の列となりますのでその日は避けたほうが良いです。

出きる事ならば最初の週の最後の平日の午後が比較的まだ行列が短いのでスムーズに申告することが出来ます。

それでも車で行く場合はどこも満車の可能性が高いので出来るならばバスやタクシーなどで行ったほうが良いでしょう。

確定申告で必要な書類

  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
  • 支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取る)
  • 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)

確定申告で用意をするのは3種類です。このうち経費の領収書はオンラインカジノではかからないので必要ありません。

また支払い調書は年末年始にオンラインカジノに言えば出してくれますし、自分で収支をつけたものをプリントアウトして持っていっても良いです。

オンラインカジノに支払い調書を下さいと言えば貰えます。

そして企業勤めの方は源泉徴収票を受け取って税務署・出張所に行き申請をして下さい。

会社に事前申告か普通徴収にチェックを入れる

副業が禁止とされている会社もまだあります。

そのため会社にオンラインカジノで勝った金額と事前に報告を入れる、もしくは確定申告の2面に書かれている「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」の欄にある【普通徴収】にチェックを入れて下さい。

普通徴収にチェックを入れないと会社に届いてしまい、給与と所得に乖離が生じて疑いの眼差しを向けられてしまいます。

普通徴収にチェックを入れたら自宅に届くのでチェックを入れておきましょう。

まとめ

税金の計算とか確定申告とか面倒ですよね。はっきり言って出来るならばしたくないと思います。

しかし、そのまま申告をしないと無申告ということでさらに追加で徴収されてしまいます。

確定申告と税の計算自体は年一回ですし、収支をつけることはオンラインカジノで勝っているのか負けているのかを冷静に分析することが出来るのでオンラインカジノをのみならずギャンブルをするのであれば絶対に必要なことでもあります。

プラスに考えて常に収支をつけるようにしましょう。