オンラインカジノ入門

オンラインカジノライセンス制度と監査機関について

オンラインカジノはライセンス制度とライセンス取得後も監査機関による厳しいチェックが設けられています。

オンラインカジノの状況や仕組みについて説明します。

オンラインカジノ業界の仕組み

オンラインカジノ業界は5つの関係性で成り立っています。

オンラインカジノの関係性

・政府・監査委員会

オンラインカジノの運営会社が健全で公平な運営を行っているのかを監視し、政府により認められた場合はライセンスを発行する

・運営会社

オンラインカジノを運営している会社。オンラインカジノのゲームをスムーズにプレイヤーに提供できるサービスが出来るようにする。

・プレイヤー

オンラインカジノのサービスを利用する人。オンライン決済会社を通じてオンラインカジノに入金し、リアルマネーで勝負をする。

・ソフトウェア会社

オンラインカジノの運営会社と提携し、オンラインカジノゲームのソフトウェアを提供する会社です。

・決済会社

オンラインカジノの運営会社と提携し運営会社とプレイヤーとのお金のやり取りを仲介する会社です。

オンラインカジノの場合はクレジットカードが使えないサイトが多く、そのため間にオンライン決済サービスが入ります。

あまり親しみがないオンライン決済サービスは最初は戸惑うかもしれませんが、流れとして

  1. クレジットカードからオンライン決済サービスに入金
  2. オンライン決済に入金されたのを確認してオンラインカジノに送金
  3. オンラインカジノに着金

という流れになります。

間にオンライン決済サービスをワンクッション挟むことになります。

ライセンス制度の導入

ライセンス制度が出来るまでは悪徳業者が乱立していたので、出金できない、入金したらサイトが急に閉じたり、不正プログラムによって勝てなかったり仕組まれていたようです。

取締りを強化をしても一向に減る見込みが無くならなかったためにいっそのことライセンス制度を設けて政府が管理をすることになったのです。

つまり政府が認めたオンラインカジノということでプレイヤー側も安心して利用することが出来ます。

取り締まる側もライセンスを取得しているかどうかで管理しやすくなり、オンラインカジノは健全化されていったのです。

ただし、ライセンスを発行している国というのは20カ国以上と言われており、その国や領、島などによって取得難易度にバラつきがあります。

ライセンスの取得難易度について

ライセンスは発行する場所によって難易度が変わります。

特に信用性に欠けるのが中南米系のライセンスであり、一定の金額を年間で払えてライセンスを取得することが出来ます。

中南米系を取得しているところ全てが信用できないと断言は出来ませんが、わざわざそこを利用する必要はありません。

取得難易度が高くなかなか大企業でも取得が難しいと言われている場所で取得しているオンラインカジノを利用するようにしましょう。

オンラインカジノのライセンスを発行している国は世界中に20箇所以上あるのですが、全ての国や政府が同条件で審査をしているわけではないのです。

どうしてもそれぞれの思惑があるので、統一することは出来ません。

とはいえ運営側も取得難易度の厳しいところのライセンスを受けると言うことで安心感をアピールすることになるというメリットもあります。

最高レベルの取得難易度を誇ると言われているのが下記のライセンスです。▼

  • イギリス(UK)
  • マルタ共和国(オランダ領)
  • マン島
  • ジブラルタル
  • キュラソー島
  • オルダニー島
  • アイスランド

上記でライセンスを取得しているところは何の心配も無く利用して良いと言っても良いでしょう。疑うほうが失礼になるかもしれません。

その取得難易度は大手企業や上場企業などでも取得が難しいと言われていて条件に当てはまらなかったりすればどんなサイトであろうともライセンスを取得することは出来ません。

また上記以外で取得できるライセンスは下記です。▼

  • カナワケ(カナダ)
  • フィリピン
  • オーストラリア北方領
  • カナダ モホーク政府
  • ドミニカ
  • アンティグア(イギリス連邦加盟国)

でも取得をすることが出来ます。

基本的には問題なく利用することが出来ますが、信用度で言えば最初に挙げたイギリス領やマルタ共和国といった取得難易度が最高レベルに比べるとしっかりと調べた上で判断することが望ましいでしょう。

どのように調べればいいか分からない方はこちらを参考にして下さい。

優良オンラインカジノの見極め方と基準オンラインカジノの数は沢山存在していて初めて利用する人はどれを選んで良いのか分からないと思いますので優良オンラインカジノの見極め方と基準について紹介します。...

監査機関について

ライセンスを取得していないサイトは利用する側は絶対に手を出してはいけません。

ライセンスの許可を得ていないサイトは全て無認可での運営になりますから悪徳業者としてみなされます。

ライセンス制度によって健全化が保たれているのはプレイヤーにとって喜ばしいことですが、よくあるのがライセンスを取得する時だけはまじめな運営をして取得が済んだら好き放題やってしまうのではないかという懸念ですよね。

もちろんそういったことをさせないようにするための機関としてオンラインカジノ運営を監視する機関が存在します。

この審査機関は独立した機関であり、なんの関係のない「第三者機関」が携わっています。

知り合い同士のナァナァな関係ではないのでプレイヤーも信頼出来ます。

特に信頼性が高い第三者監査機関を紹介します。

eCOGRA(イーコグラ)

信頼できる調査機関としてまず挙げられるのがeCOGRA(イーコグラ)です。

イーコグラとは、2003年に設立されたオンラインギャンブル産業に関する非営利団体(NPO)の独立監視機関であり、主にオンラインカジノの運営会社とのトラブルが起こった際にプレイヤー保護の目的として作られた団体です。

eCOGRA(イーコグラ)は、公平な立場からオンラインカジノに関する基準を設け、この基準に基づいてオンラインカジノを審査しています。

その審査の項目は非常に細部にまでわたり「審査に一発合格する会社はない」と言われているほどです。

そしてeCOGRA(イーコグラ)が信頼できる点として定期的に調査があるのですが、その際に基準に満たされなければ容赦なく認定を外されてしまう点です。

運営側としてもeCOGRA(イーコグラ)の認定を受けている会社は安心してプレイすることが出来るアピールにもなります。

万が一オンラインカジノとトラブルが発生した場合はeCOGRA(イーコグラ)に相談をすれば仲介に入ってもらうことも出来ますので基本的には何もないですが、こういった第三者機関があるということは覚えておきましょう。

TST(Techinial Systems Testing)

TSTはオンラインカジノの顔とも言える、ゲーミングソフトウェアの公平性をチェックする監査機関です。

不正プログラムなどが入っていたらどんなにプレイヤーが大金を積んでも勝てない仕組みになっています。

また、運営会社としても提携しているソフトウェア会社が不正プログラムを導入していたら運営会社にも悪評が立ってしまいますよね。

そのためソフトウェアの公平性が保たれているかどうかのチェックは運営側も助かる部分でもあります。

もともとはラスベガスのカジノ店のスロットマシンや宝くじの監査を行っている機関なのですが、ソフトウェア会社の監査機関にもなったのです。

まとめ

オンラインカジノは海外のサイトです。

そのため公平性がどうかというのはプレイヤー側からすれば気になります。ましてや日本では馴染みのないサービスですから不安に思う部分もあるかもしれません。

だからこそその不安を払拭するためのライセンス制度があったり、第三者の監査機関があり、常に厳しいチェックを受けて調査されているわけです。

ライセンス制度と監査機関によってプレイヤーは保護されているので安心して利用することが出来ます。