電子消費者契約法

電子消費者契約法とは

パソコンやモバイルパソコンが1人1台に普及してきました。当時は購入するにもかなり粗悪なシステムを使っていて、1回クリックしたつもりが2回クリックして注文してしまって多くの商品が来てしまったということが多発してしまっていました。

さらに無料だと思って登録したら有料サイトでお金をたくさん使ってしまった!と言うケースやクリックしてサイトにアクセスしただけで多額のお金を払わされてしまったと言うこともかなり問題になりました。

悪徳業者がかなり大量に増えて被害も爆発的に増えたことからこのころからパソコンは怖い!というイメージが多くの人に根付いてしまって、パソコンに苦手意識を持つようになってしまった人もいるかもしれません。

この電子消費者契約法というのは思いに消費者側の操作ミスを救済してくれるシステムです。ここ最近は何度も申し込みをする際にこの商品を購入しますか?という確認ページに飛ぶと思います。

一回で購入を決定させてしまうのは間違って押してしまうと言うケースもあるのでこれは確認ページに飛ばなくてはいけないと言うのが法律で決まっているのです。面倒と思う人もいるかと思いますが、これは法律で定められているのです。

出会い系でも有料の場合は登録する前に利用規約をかなり目を通す必要があります。

また無料と偽って登録させてはいけませんので、かならずお金が発生することをユーザーに利用料金を分かりやすく見せないといけません。

有料サイトと確認させたら再び有料サイトと言うことを伝える必要があります。

【利用規約】で有料サイトと確認した上で、再度登録直前に有料サイトである事を伝えなければいけません。

ネット上で料金が発生するサイトは、ここまで確認を取って初めて契約が成立します。

出会い系だけの法律ではありませんが有料の場合は確認事項を必ず明記させるということが必要なのです。

もしこういったことを怠っているサイトを利用していた場合でだまされたと感じたらすぐに消費者センターに相談しましょう。

★まじめで安心の出会い★ ★若い人向けの出会い★ ★人気NO.1優良サイト★
ピュアアイ ワクワクメール ハッピーメール